このサイトでは、ビニール袋に関する様々なお役立ち情報を紹介しています。
エコが叫ばれるようになり、買い物時にマイバッグを持参することも増えてきました。
しかしコンビニやドラッグストアなど、まだまだビニール袋をもらう機会は多くあります。
買い物のたびにもらうので、気づけばいつの間にかたまっていく袋の山・・・。見た目にもスッキリ収納して、うまく活用する方法はあるのでしょうか。
これからお役立ち収納方法などをご紹介していきます。

ビニール袋のスッキリ収納術

ビニール袋のスッキリ収納術 みなさんは買い物の際などにもらうレジ袋をどのようにして収納していますか?
結構かさばるので、その都度捨てている方もいると思います。でもいざというとき必要だったりしますよね。
そこで今回は見た目にもかわいい収納アイディアを紹介します。
簡単で費用も少なくて済む方法の1つとして、100均などに売っているソフトビニールケースを使う方法があります。
収納法は簡単。ビニール袋を小さく折りたたんで、どんどんソフトビニールケースに入れていくだけ。
ソフトビニールケースであればかさばることもないし、引き出しの中などに立てて置くことができるので、スペースも取らずに便利です。
また、ティッシュケースを使った方法も便利です。使い終わったティッシュの箱を用意して、100均などで購入したティッシュカバーをつけます。その中にどんどん畳んだビニール袋を入れていくのです。
見た目にもスッキリ違和感がなくおすすめです。

ビニール袋の大きさで分ける

ビニール袋の大きさで分ける 買い物をするとレジでもらえるビニール袋ですが、色んな用途に使えると思ってつい取っておきがちです。
確かに使用する事は多いのですが、置いておくうちにかさばったり、ゴチャゴチャになり取り出しにくくなります。そんなビニール袋も使う時の為に取り出しやすくする方法があります。
それは専用の置き場に、ビニール袋をサイズごとに分けて収納する事です。収納する時にはかさばらないように丸めたり、三角に折ったりして保管するのがいいです。
さらにサイズごとに仕切りを入れるなどして、分かりやすくしておくのが大切です。これは使っているうちに違う大きさの物と混ざらないようにする上でのポイントです。
区切られた仕切りには、その用途を表示して定置化するとより取り出しやすくなり、人に取り出してもらう場合でもスムーズに行えるという利点があります。
また外出時に使う事が想定される場合でも、折りたたんで保管されているとバッグに入れておく事も容易です。
レジャーなどのアウトドアで多く使う場合でも、コンパクトに折りたたんでいる為、リュックやバッグにたくさん入ります。
このようにサイズごとに分け区切って収納するのは最初手間がかかりますが、後で使う事を考えると多くのメリットがあります。

ビニール袋に関する情報リンク

ビニール袋・ポリ袋・ポリバッグ製造販売会社のサイト

ビニール袋