お店でもらったビニール袋はどうする?

お店でもらったビニール袋はどうする? エコバックの普及によって、ビニール袋が有料のお店が増えました。ビニール袋なんてタダでもらえて当たり前、という常識が変わった瞬間です。
有料のお店でも、一枚は3円から5円前後と低価格ですが、お買い物は頻繁にするもの。年間で考えればバカにならない出費となります。
こうなると、ビニール袋一枚の価値、が変わってきますよね。たとえ無料でもらえたとしても、そのまま捨てるのは、なんだかもったいない気がします。そのまま捨てずに、ご自宅のゴミ袋等として活用する方が多いのではないでしょうか。
実はもう一つ、一石二鳥な使い方があります。葉物野菜の保存です。
ほうれん草などの葉物は足がはやいものです。冷蔵庫の中でいつの間にか萎びていた、という経験が一度はあるのではないですか。
そんな葉物類は、袋に入れてください。袋に思い切り〝息〟を吹き入れます。そのまま口を縛って、いつも通り冷蔵庫にしまうだけ。これだけで、格段に萎びにくくなります。
吐いた息に含まれる二酸化炭素が、ほうれん草などの葉物の元気の元となるそうです。ある程度の密封性が大切なので、ビニール製の袋ならばぴったりですね。
調理前に気兼ねなく洗える野菜なので、袋の衛生面を気にする必要もありません。
お店でビニール袋をもらったら、ぜひ試してみてください。

ビニール袋はレジ袋ストッカーに入れる

ビニール袋はレジ袋ストッカーに入れる スーパーでの買い物などでもらったビニール袋は、使用していない綺麗なものであれば折りたたむことも簡単ですが、使用したものはシワが多く大きくなるほど折りたたむのが億劫だったりします。
一般的な保管方法は袋にひとまとめにしたり、ティッシュ箱を再利用したり、市販されているティッシュケースに収納することが多くあるようです。
ビニール袋の再利用は、我が家では圧倒的にゴミ箱に装着してゴミ袋として使用することが多いです。サイズも様々ですので、我が家では透明な小さいビニール袋は洗面台にあるゴミ箱の底に収納して、ゴミ袋を取り替える際にそこからすぐ取り出せるようにしています
大きめのビニール袋はかさばるので、ストッカーに詰め込んでいます。ストッカーは安いもので大体300円位から売られていますが、あまり安いものだとやはり使い勝手があまり良くありません。
使用しているストッカーは800円前後のものですが、プラスチック製で収納口が2つあり、袋の大きさで分けることができ、吸盤が付いているのでキッチンの壁面、冷蔵庫、引き出しに付けられるので使用したい時にすぐ取り出せます。
収納する時は、綺麗に折りたたまなくてもある程度まとめておけばかさばることもないのでとても重宝しています。