ビニール袋の収納方法

ビニール袋の収納方法 毎日使うビニール袋は取っておくことが多いですがきれいに収納するには手間が掛かります。
手間なく出し入れできて便利に保管できる収納法があります。
書類を整理するために利用するクリアファイルを使ってビニール袋やポリ袋を収納することができます。
クリアファイルの一辺をホチキスで止めて袋状にし、大きさ別にファイリングをします。薄くすることできるため隙間に収納することができます。
書類ケースも収納として利用することができます。
100円ショップで販売している3段式の書類トレーは袋形の消耗品のアイテムを整理することができます。
トレー取り出し口がU字に凹んでいるため頭上に設置しても出し入れがスムーズになることから吊り戸棚での利用がおすすめです。
また100円ショップで購入できる半透明のボックスもストック量がわかりやすいためおすすめです。
小さな袋と大きな袋にわけて収納し、ラベリングシールを使うと家族でわかりやすく利用することができます。

ビニール袋のたたみ方

ビニール袋のたたみ方 ビニール袋のたたみ方ですが、出来上がりは三角形にするのが一番コンパクトにたたむことが出来ます。
たたみ方は、まず、持ち手の部分を綺麗に平らに伸ばします。
次に、持ち手の幅で3つ折り、あるいは4つ折りにします。3つ折りあるいは、4つ折りにしたビニール袋の底の部分を手前にします。手前から三角形になるように、交互に折っていきます。
持ち手の最後の三角形の折が2つほど残します。
2つほど残した部分を三角形に折り、底から追ってきたうちの最後に隙間に、持ち手側で三角に折った部分を潜り込ませます。
これにより、出来上がった三角形のビニール袋は、バッグの隙間に入れることもできますし、キッチンの引き出しなどに整理するときにも重宝します。
特に、隙間に入れられる大きさなので、通常のたたみ方よりもコンパクトにたたまれているので、一か所にたくさん収納することが出来ます。
また、ビニール袋の大きさにより三角形の大きさも変わってくるので、三角形の大きさの同じもので整理整頓することで、使いたいときに取り出す際に、簡単に取り出すことが出来ます。